鉢形城歴史館バナー

鉢形城歴史館 情報

【鉢形城歴史館】令和4年秋季企画展「戦陣の美」を開催します!

 令和4年秋季企画展は、令和2年秋から続くシリーズの第3弾として、甲冑歴史研究家の伊澤昭二氏のコレクションを中心に展示を行います。

 「戦陣の美」と題した今回の企画展では、鉢形城主北条氏邦の重臣であった秩父孫次郎所用の「関東五枚胴具足」、豊臣秀吉の近習、西国の大名である毛利輝元や大内義隆所用と伝わる甲冑の他、刀剣類、軍旗などを展示します。戦陣を彩ったであろう5点の軍旗の展示は、稲垣宏一氏の御協力により実現したもので、甲冑と同様、使用した武将の美意識や思いが反映されたものです。また、同時に展示する「北条氏康公画像」は、今回初めての展示となります。江戸時代に描かれたものと推定されますが、甲冑を着用した武者姿の氏康が印象的です。この秋は、鉢形城歴史館で甲冑姿の武者が颯爽と旗をなびかせて疾駆する姿に思いを馳せてみませんか。

期間(開館日数)
令和4年10月8日(土曜日)~11月27日(日曜日)(50日間)

鉢形城歴史館ホームページ https://www.town.yorii.saitama.jp/site/rekishikan/

チラシ表 チラシ裏